2021年10月13日水曜日

全国品評会1等を受賞しました!

 2021年7月に開催された「第29回全国手もみ茶品評会」で私たち杉本園製茶が1等を受賞しました。

この受賞に関する記事が2021年10月1日付けの読売新聞に掲載されました。

これからも高品質なお茶づくりに精進してまいります。

読売新聞 2021年10月1日


2021年10月12日火曜日

【PayPay】街のお店を応援しよう

PayPayで街のお店を応援しよう!
キャンペーンが開催中です。
当店も利用可です!

期間は9/13〜11/28 までとなります。
対象店舗にてPayPayでお買い物すると、お買い物金額の最大20%が後日戻ってきます。
今回の付与上限金額は1000円までとなり、それ以上は通常の還元率となります。
お買い物後、アプリ画面を確認すると「あれ?20%戻ってこない」といったケースのほとんどは、お客様がすでに付与上限1000円を満たしていると思われますので、是非、ご使用前にご確認くださいませ。




2021年10月2日土曜日

ガラポンスタンプラリーはじまりました

毎年恒例、産業まつり関連の企画です。市内のお店を巡って豪華景品に応募できる「ガラポンスタンプラリー」が10月1日より始まりました。
当店も参加店ですので、是非お買い物にお越しくださいませ。



今年はスタンプラリー期間が10月1日から10月17日までと短期間ですので、お早めにスタンプラリー参加店5店舗をまわってご応募ください。
景品は昨年に比べて豪華になっています!

2021年10月1日金曜日

手もみ茶完売しました

全国手もみ茶品評会一等受賞茶(限定100袋)は本日完売いたしました



お買い上げいただきましたお客様方に感謝申し上げます。
また、完売後にお問い合わせくださったお客様にはご迷惑をおかけすることとなり申し訳ございません。

次回の手もみ茶の販売は来年の秋頃を予定しています。
今後とも杉本園をよろしくお願いいたします。

2021年9月29日水曜日

裾刈り

茶畑の裾刈りをしています。



茶畑は写真のように横にも葉っぱが広がります。人が入って作業するスペースをとるために裾(横面)の枝を切り落として通路づくりをします。

2021年9月21日火曜日

荒茶発売しました

本日より、当店人気商品の「荒茶」を発売しました。
荒茶とは工場つくりたてそのままの味をパックした状態のお茶です。


◯ 荒茶(あらちゃ) 100g 600円(税込)

2本(200g)お買い上げの場合…なんと!1000円(税込)のお買い得にて販売中です。

ぜひ一度お試しください。








2021年9月18日土曜日

【品評会受賞】手もみ茶発売しました

本日より、全国手もみ茶品評会1等受賞茶を発売しました。
希少品のため数量限定販売(100袋前後)となります。購入をお考えの方はお早めにお買い求めください。

◯「 金の手もみ茶 」
      1袋3グラム入り 1200円(税込)






商品見本です。実際の内容量はこちらよりも少ない一袋3グラム入りとなります。

以下、実物をつかって実際に淹れてみました。今回は専用の茶器を使用しましたが、ご家庭にある急須でも大丈夫です。是非ご家庭で味わってみてください。

※簡単に取り外しのできる茶漉し網を急須にお使いの方は、外した状態で淹れてください。茶葉にお湯がしっかり浸ることが美味しく淹れるポイントです。

1.手もみ茶を袋から全て取り出して急須に入れます。お湯が浸りやすいよう、平らに並べると良いです。



2.沸騰させたお湯を30cc(大さじ2杯)湯呑みにとり、およそ60℃まで冷まします。



冷めたお湯を急須にいれて茶葉をしっかりと浸します。



3. じっくり3分間待ちます。



4.湯呑みを用意して最後の一滴まで淹れてください。
一煎目の出来上がりです。


5.手もみ茶は高価なので、迷わず2煎目を淹れます。2煎目以降は段階的にお湯の温度を上げてお湯の量も増やしていくのがオススメです。抽出時間も短めにすると良いでしょう。
例:  2煎目は湯量40cc、70℃、一分間抽出
       3煎目は湯量50cc、80℃、30秒抽出
など、お好みでトライしてみてください。


お湯が熱くなるにしたがって、爽やかさを感じられます。
このブログを書いている今、10煎目まで飲みました。だんだん一杯あたりのお値段が安くなってきました。最後はムダなくポン酢でいただこうと思います。