2018年7月16日月曜日

夏の夜には

食後にいただく桃が最高です!


地元の果物屋さんには美味しそうな桃やスイカがたくさん並んでいました!



早速冷えた桃をいただきました!
水分たっぷりで香りも良い、甘い美味しい桃でした!

2018年7月11日水曜日

白い悪魔

カイガラムシは私たちの生活の中では身近な虫で様々な樹木に寄生して生きています。


お茶にもカイガラムシが寄生しますが、特に厄介なのがクワシロカイガラムシという種類です。

やつけるタイミングは生まれたての目に見えづらい小さいうちに限られるため、顕微鏡を使って発生を確認します。
この五月、七月、九月の防除のタイミングを逃すと自らを殻で覆ってしまいほとんど防除効果は期待できません。
繁殖力、防御力が非常に高く、多発して茶園がやがて荒廃するとお茶の栽培を辞めてしまう農家が出るほど厄介者です。

暑いのでキツイ農作業ですが、被害を予防しておくと7〜9月に日差しをたっぷり浴びながらグングンとお茶は育ち、来年の新茶の基礎が出来上がります。

2018年7月10日火曜日

水を吸うと

激暑の中威勢よく伸びている茶園から枝を拾ってきました。

高温ですぐに上の葉っぱは萎れてしまいましたので水につけておきました。



一日経つと…



水を吸い上げてピンッと美しい姿に戻りました。

水は偉大です。

2018年7月8日日曜日

祝宴に狭山茶

いとこの結婚式に出席させていただきました。

各地で大雨が降り続き、関東地方も天気が心配でしたが、当日になってみると新郎新婦を祝福するような快晴となり本当に良かったと思います。


池に鯉が泳いでいたり、竹やぶがあったり、ヤシの木があったり、プールがあったりと、暑い日でしたが涼感ある過ごしやすいステキな式場でした。

披露宴終盤には、埼玉県特産の狭山茶を使ったパンナコッタがウエディングケーキと一緒に登場!




狭山茶のキレのある爽快な渋みはデザートやお菓子との相性は抜群でとても美味しかったです。やはりおめでたい席でいただく狭山茶は格別ですね。

生産者としてもいろんな場所で狭山茶が出てくると何だか嬉しいものです。

末永くお幸せに。

2018年7月4日水曜日

夏椿   炭手前2

お稽古の中盤に お花が届きました。

ナツツバキ科ナツツバキ属の落葉高木

高く登らないと 切れないそうなんです。

別名 シャラノキ(婆羅樹)

仏教の三大聖樹 沙羅双樹は
耐寒性が弱く 日本では育ちにくいようですが、平家物語の冒頭では有名

シャラソウジュは、フタバガキ科
Shorea属の常緑高木

別名 シャラノキ

同じようで、実は同じで無いのかな。

炭手前

猛暑 夏日となりました。

茶道では 炭を使って 初炭のお稽古をしましたが、上級者の先輩に 模範手前をお願いしました。

静寂な場所に、ぱちぱち と静かな暖かい音が聴こえます。

芽が出ました

梅雨とはなんだったのでしょうか。

と言いたくなるくらいカンカン照りの日が続いています。
お茶もこの猛暑と少ない雨で早くも夏バテ気味?かもしれません。

そこで1ヶ月前に中切りした茶園の様子を草むしりがてら見に行ってみました。

すると…


意外にも?新しい芽がたくさん出ていました!





1ヶ月前には今年の梅雨は雨がたくさん降ると聞いていたのでウキウキで中切りしたら一瞬で梅雨明けしてガックリ…

それでも暑い中でなんとか芽が出たので秋までには葉をたくさんつけてくれそうで安心しました。

さて、このところ我が家では水出しの緑茶をたくさん飲んでいます。





食事に合わせるとサッパリして料理も一段と美味しく感じます。

杉本園の店舗でもご来店のお客様には水出し緑茶でおもてなししております。
朝一番で水出し緑茶のプロがつくる冷茶がお客様に大好評です。